4年野外活動(6月19日)

今日は、4年生の野外活動の日でした。砺波青少年自然の家で1日思いっきり、自然の中で活動しました。午前中は「トミーを探せ」をしました。グループごとに地図に書いてあるポイントでトミーの看板を制限時間内に見つけ出し、そこに書いてある文字を集めてきて、その文字を並び替えて言葉をつくります。4年生の子供たちは、暑い中でも元気いっぱい、時間をフルに使って文字を集めてきていました。午後からはイニシアティブゲームです。「くもの巣」「バケッツボール」「ウォール」「丸太ステップ」「ラインナップ」の5つのゲームに挑戦しました。どのゲームもグループの仲間が協力しないと成功しません。声を掛け合いながら、みんなで力を合わせて挑戦する姿はとても生き生きとしていました。

5年国語「本を紹介しよう」(6月18日)

5年生は国語の時間に、自分が選んだ伝記の本を紹介する本の帯やポスター、ポップづくりに取り組んでいます。「他の人が読みたくなるにはどうしたらいいか」考えながら、文の長さや、読む人の目を引く文字の大きさや色等工夫し、一人一人自分の作品をつくっていました。みんなが読みたくなる作品ができあがるのが楽しみです。

2年PTA親子活動 しっぽ取り(6月17日)

今日は、2年生のPTA親子活動でした。2年生の活動はチーム対抗しっぽ取り競争です。おしりに付けたしっぽをチーム対抗で取り合い、しっぽを取られた人は外野へ行き、仲間が相手チームのしっぽを取ってきたらそのしっぽを付けて再びしっぽ取りに参加できます。たくさんしっぽが残っていたチームが勝ちです。素早く動き回って、しっぽを取りに行く2年生。虎視眈々と自分のしっぽを守りながら最小限の動きで取れそうなしっぽを探すお父さん、お母さん。親子で楽しい時間を過ごすことができました。

 

6月のさわやか集会(6月15日)

今日は、6月のさわやか集会でした。まず最初に5月30日に行われた砺波市小学生連合運動会で入賞した5・6年生の受賞を行いました。その後、全校で6月の歌「ビリーブ」を歌いました。この歌は、10月の学習発表会のときに同時開催する「地域にひびけ合唱の輪の集い」でも全校合唱します。それまでに、もっともっときれいな歌声が届けられるように練習します。

2年お餅屋さんに行ったよ(6月14日)

2年生は、生活科のまち探検で学校の隣のお餅屋さんに行きました。お餅やお菓子が作られている様子を見学させていただいたり、いろいろな質問に答えていただいたりしました。そして、自分たちで豆餅を笹に包んで笹餅を作る体験もさせていただき、自分で作った笹餅をお土産にいただきました。機械の中から同じ大きさに丸まったお餅が出てくる様子を見たり、甘い洋菓子が焼けるにおいを嗅いだり、そして実際にお餅を作ったりと子供たちは五感を通して学ぶことができました。

1年金銭教育出前講座(6月14日)

1年生の子供たちは、金融広報アドバイザイーの先生からお金の使い方や大切さを学びました。始めに先生が1年生の子供たちに聞いてみると、一人でお金を使ったことのある子供はほとんどいませんでした。有効に使うと自分の生活を豊かにしてくれるお金。お父さん、お母さんたちの労働の対価として得られるお金。無駄に使うと、どんどん減っていくお金。1年生は、お金についてあまり考えたことがないということが分かりました。子供たちが、社会に出るころには、現金での買い物だけでなく、カードやインターネット等での売買が大きな割合となり、自分でしっかりとお金を管理する力が今以上に必要となります。今日のような学習を通して、子供のときからしっかりと自分の生活、金銭について考える力を育てていきたいと思います。

クラブ活動(6月13日)

今日の6限目はクラブ活動でした。4~6年生の子供たちが、自分のやりたいクラブに入り活動をしています。その中には、料理クラブ・囲碁、将棋、オセロクラブ・手芸クラブ・お茶クラブのように地域の方々に教えていただいているクラブもあります。専門的なことをくわしく教えていただいたり、困ったらすぐに相談したり、温かく見守っていただいたりする中で、子供たちは安心して楽しく活動することができます。本当にありがとうございます。