3年初めての彫刻刀(12月13日)

3年生は今、図画工作科で版画の学習に取り組んでいます。下絵がほぼ完成し、今日ははじめて彫刻刀を使う練習をしました。先生から彫刻刀の使い方や彫刻刀を使うときに気を付けることを教えてもらってから、いよいよ試し彫りをしました。ゴム板の裏にかいた線の上を、まずは丸刀で彫ってみました。簡単だと思っていたら刃の角度が深すぎてなかなか前に進まない子、軍手をした左手がすぐ彫刻刀の前に出て「危ないよ」と注意される子。この後、本番の版画を彫るときにも悪戦苦闘しそうです。

4年むし歯予防教室(12月13日)

今日、砺波市健康センターの歯科衛生士さん2名をお招きして、4年生にむし歯予防教室を行いました。まず、むし歯や歯肉炎になるとどうなるか写真を使って教えていただきました。ほとんどの歯がぐらぐら・ぼろぼろになった口の中の写真に子供たちはびっくり。歯みがきの大切さをあらためて実感しました。その後、歯の染め出しをして、赤くなったところを丁寧に磨きました。磨き終わると歯が前よりもつるつるになって子供たちもすっきりしたようです。これからも丁寧に歯みがきをして、生えそろってきた永久歯をずっと大切にしていってほしいと思います。

除雪作業ありがとう(12月13日)

昨日からの雪が今日も降り積もり、根雪になりそうな勢いです。5・6年生の子供たちは、登校した子供から玄関前の前庭と給食の搬入口の除雪作業を始めてくれます。玄関の廊下にランドセルを置くとすぐに黙々と除雪作業をする5・6年生の姿はとても頼もしく感じます。本当にありがとう!

 

雪遊び(12月12日)

雪が積もりました。休み時間にはたくさんの子供たちが、グラウンドに飛び出して雪遊びを始めました。つもり始めたばかりの雪なので、重くてすぐべちゃべちゃになる雪ですが子供たちはお構いなし。雪合戦をしたり雪だるまを作ったりして、自分たちが雪まみれになっていました。これから、本格的な雪のシーズン。楽しく安全に雪に親しんでほしいと思います。

4年理科「水のすがたと温度」(12月11日)

4年生は、理科「水のすがたと温度」の学習で、湯気の正体が何かを実験で確かめました。ビーカーに入れた水を沸騰させ、出てきた湯気をスプーンにあててみると…。スプーンの裏にどんどん水滴がたまっていくのを子供たちは真剣に観察していました。ビーカーの中にあった水が、熱することで湯気になって空気中へと飛び出していることを子供たちは自分の手で確かめることができました。

1年箸名人になろう(12月8日)

砺波市学校給食センターから栄養教諭の坪野先生をお迎えして「箸名人になろう」と題して1年生が箸の持ち方を教えていただきました。まず最初に、坪野先生から正しい箸の持ち方を写真や動画で教えていただいた後、一人一人が実際に正しい箸の持ち方で、小さな消しゴムやスポンジを持つ練習をしました。正しく持てているか先生に確かめながら、子供たちは一生懸命箸の持ち方を練習していました。食事のときにも、正しい箸の持ち方を意識して食べられるといいですね。

新庄南っ子体操(12月7日)

毎週火曜日と木曜日の庄南っ子タイムに行っている庄南っ子体操が、今週から新しくなりました。体力テストの結果、庄南っ子は握力がやや弱いことが分かったので、運動委員会の子供たちが、握力を高める運動も取り入れてくれました。みんなで握力アップに取り組みます。