戦国給食(9月22日)

今日の給食の献立は、「戦国給食」と銘打って戦国時代に食べられていた食材を取り入れた、「古代米入り黒豆ご飯」やズイキの入った「集め汁」、「鮭の塩焼き」、「くるみ和え」でした。そして、ランチルームにホラ貝を吹き鳴らしながら戦国の武者たちがやってきてくれました。9月24日に増山城跡で開かれる「増山戦国祭り」に合わせて、子供たちに砺波の歴史や増山城のことを知ってもらおうと、増山自治会、曲輪の会の方々、市埋蔵文化センターの学芸員の皆さんが来てくださったのです。給食委員会の代表3名も甲冑を着せていただき、甲冑姿のままで給食を食べました。最後にみんなで、「エイエイオー」と勝ちどきを上げて給食を終わりました。

学習発表会全校練習(9月22日)

今日から、10月8日の学習発表会に向けての特別日課が始まりました。さっそく1時間目は全校練習でした。オープニングイベントの全校音読と全校合唱の練習です。これまで教室で練習してきた音読を、初めて合わせてみました。一人で言うところ、学年で言うところ、全校で言うところがあるので、タイミングを合わせるのがとても難しかったです。歌は、先週さわやか集会でみんなで歌いましたが、今日からは6年生の指揮に合わせて歌う練習をしました。本番ですてきな姿を見てもらえるように、がんばります。

4年ヘチマのたわしづくり(9月21日)

4年生は、理科の学習で育てて観察してきたヘチマの実でたわしを作りました。大きくぶつ切りにしてゆでたヘチマの皮をむいたり、種を取ったりしました。実の中にたくさん入っている種を一つ残らず取ろうと苦労していましたが、白くてきれいなたわしがたくさんできました。

Jアラート避難訓練(9月20日)

今日、Jアラートが発令されたときに備えての訓練を行いました。放送でJアラートが発令されたことが伝えられると、子供たちはすぐに机の下にもぐったり、体育館の中央に集まって身を伏せたりすると同時に、閃光やガラスの破片から目を守るために目を閉じ、爆音から耳を守るために手で耳をふさぎ、じっと安全を伝える次の放送を待ちました。学校中が緊張感に包まれました。平和と安全な暮らしの大切さを考えさせられる訓練でした。

3年社会科「よく利用するお店は?」(9月19日)

3年生は、社会科で「店ではたらく人と仕事」の学習をしています。今日は、家で調べてきた結果をもとに「よく買い物に行くお店」についてグループで話合い、そのわけについて考えました。友達の家ではどのお店に行っているか、興味津々でした。

縦割り清掃開始(9月19日)

これまでは、学年ごとのグループで清掃する横割り清掃でしたが、今日から、1~6年生が混じったグループで清掃する縦割り清掃を始めました。横割り清掃では、担任の指導のもと学年ごとに正しい掃除用具の使い方や掃除の仕方を身に付けられるようにしました。そして、今日からの縦割り清掃では、高学年が清掃リーダーとなり、子供同士で清掃の仕方を教え合ったり協力したりして清掃します。今日は、清掃場所ごとに役割分担を確かめ、さっそく1~6年生一緒に掃除を始めました。新しい掃除場所で戸惑う低学年に優しく声をかける上学年の姿が見られました。

 

通学班集会(9月15日)

毎月15日は、自分たちで安全を確かめる日です。教師は、街頭に立ち子供たちの通学の様子を確かめたり、校舎や学校敷地内の安全点検をしたりします。子供たちは、朝の会の前に通学班ごとに集まって通学班集会をします。今日は、9月の通学班集会でした。通学班長を中心に振り返りカードで「集合時刻に間に合っているか」「挨拶をしているか」「1列に並んで歩いているか」「自分で安全を確かめているか」の4つを確認しました。子供たち安全に過ごせるように、この15日の取組を大切にしています。