Archive for 03 3年

スキー教室(2月9日)

今日は、3~6年生のスキー教室を夢の平スキー場で行いました。この前からの雪で、スキー場には雪はたっぷり、天気は快晴という最高のスキーコンディションでした。砺波市スキー連盟の講師の先生方にも指導いただいて、子供たちは1日しっかりとスキーに親しむことができました。帰るとき先生から「楽しかった人」と聞かれると、全員「はい」とさっと手を挙げていました。最高のスキー教室でした。

 

カルタ・百人一首会(2月7日)

インフルエンザ感染防止のため延期していた、カルタ・百人一首大会を本日行いました。例年は、3~6年生の百人一首大会は体育館で一緒に行うのですが、今年は、まだインフルエンザの心配があるので学年ごとに音楽室と多目的室に分かれて行いました。たくさんの積雪がある中、多くの保護者の方々が応援にきてくださいました。子供たちは、一枚でも多くとろうと張り切って競技に取り組んでいました。

3年民具展示室見学(2月2日)

3年生の子供たちは、社会科の学習の一環として庄東小学校の3階にある「民具展示室」に行って、昔の道具を見学していきました。庄南小学校の元校長先生でもある郷土資料館の高原館長さんや学芸員の方々に説明してもらいながら、グループごとに見て回りました。国の重要民俗文化財に指定された6000点以上の民具。その数の多さに圧倒されながらも「これ、じいちゃんの家にあった」「これ何?」と興味津々で見たり、カードに記録したりしていました。最後に高原館長さんから「この民具展示室の始まりは、昔の太田小学校や庄南小学校のPTAの方たちが昔の道具を大切に残しておこうと集められたことが始まりなので、太田や中野、大門にあったものがたくさんありますよ」と教えていただき、びっくりすると同時に自分たちのふるさとを誇らしく感じたようでした。

出前図書館「パレット」(1月24日)

今日、砺波市立図書館の出前図書館「パレット」が来てくださいました。並べられたたくさんの面白そうな本。子供たちは、本をのぞき込みながら、どれを借りようかと品定めをしていました。中には、その場で座り込んで本を読み始める子供もいました。お気に入りの本を見付けて、本を借りる子供はとてもうれしそうでした。

なわ跳び強調週間(1月23日)

2月18日のなわ跳び大会に向けて、なわ跳び強調週間が始まっています。火曜日と木曜日の庄南っ子タイムと昼休みは体育館でなわ跳びの練習です。今日の庄南っ子タイムは下学年が練習していました。1年生は、色団ごとに長なわの8の字跳びに、2・3年生は短なわ跳びに取り組んでいました。1年生は、なかなか長なわに入ることができない友達に「はい」と声をかけたり、タイミングよく背中を押してあげたりして、何とか跳べるようにしてあげようと力を合わせていました。2~3年生はなわ跳びカードを少しでも進めようと一人一人がんばっていました。

短作文コンクール(12月15日)

子供たちの書く力を伸ばすために、毎週水曜日のスキルタイムにを「書く力パワーアップタイム」と名付け、書く活動に取り組んでいます。12月6日には、2学期にどれだけ書く力が付いたか確かめるために、全学年「2学期がんばったこと」をテーマにした短作文を書きました。「始めに」「次に」「最後に」等の言葉を入れて順序が分かるようにしたり、「いつ」「誰が」「どこで」等内容を詳しくしたりして、できるだけ自分の頑張りを分かりやすく伝えようと頑張って書きました。今、各学年の代表の短作文が、廊下に掲示してあります。子供たちは友達がどんなことを頑張ったのか、どのように書いているか楽しんで読んでいます。

3年初めての彫刻刀(12月13日)

3年生は今、図画工作科で版画の学習に取り組んでいます。下絵がほぼ完成し、今日ははじめて彫刻刀を使う練習をしました。先生から彫刻刀の使い方や彫刻刀を使うときに気を付けることを教えてもらってから、いよいよ試し彫りをしました。ゴム板の裏にかいた線の上を、まずは丸刀で彫ってみました。簡単だと思っていたら刃の角度が深すぎてなかなか前に進まない子、軍手をした左手がすぐ彫刻刀の前に出て「危ないよ」と注意される子。この後、本番の版画を彫るときにも悪戦苦闘しそうです。