Archive for 校長室

第2回学校保健員会(2月15日)

学校医・学校薬剤師、保護者の代表の方々をお招きして、今年度2回目の学校保健員会を行いました。「体も心も健康な庄南っ子を目指して」をテーマに、まず、今年度の子供たちの健康状態やとやまゲンキッズ作戦の結果、学校や児童保健委員会で取り組んだ「廊下や階段の右側歩行」の活動等を報告しました。学校医の先生方や保護者の方々から、子供たちが工夫して取り組んでいること、継続することで成果が現れていることを認めていただくと同時に、今後さらに取り組むべき課題も指摘いただき、有意義な会となりました。

なわ跳び大会リハーサル(2月14日)

2月18日(日)、今年最後の学習参観の日になわ跳び大会を行います。それに向けて、庄南っ子タイムに全校児童が体育館に集まってリハーサルをしました。運動委員会の子供たちの司会の言葉を聞きながら、個人種目の発表や色団ごとの8の字跳びの競技にどのように並ぶか確認しました。18日には、なわ跳び大会に向けて一生懸命練習してきた子供たちをぜひ応援しにきてください。

給食感謝のお手紙私(2月8日)

日頃から給食でお世話になっている、配膳員さんや校務助手の皆さんに、子供たちが感謝の気持ちをこめて書いたお手紙をお渡ししました。みんなが気持ちよく給食を食べられるように、自分たちが勉強をしている間からテーブルをふいたり、配膳の準備をしたりしてくださっている配膳員さん。配膳や食器の片付けに力を貸してくださる校務助手さん。「ありがとう」の気持ちをしっかりと伝えました。

東京オリンピック・パラリンピックマスコット投票(1月30日)

東京オリンピック・パラリンピックで使用されるマスコットキャラクターをどれにするか各教室で話し合ってきた結果、庄南小学校はウに投票することに決まりました。ア・イ・ウの3つの候補それぞれによさがあり、各クラスの結果を集計するとほぼ同数でしたが、わずかにウが多いという結果でした。玄関に張り出された投票結果を見て、子供たちは「やったあ」や「イがよかったのに」など、口々に言っていました。さて、全国の小学生の投票を合わせるとどれになるでしょうか?

 

黄色いチューリップ(1月24日)

今日、地域の方が学校に黄色いチューリップの花をたくさん持ってきてくださいました。チューリップ四季彩館に展示されていたチューリップだそうです。入れ替えられることになった花の中で、まだきれいに咲いていたものを子供たちのために届けてくださったのです。学校の外は、氷点下の真冬ですが、黄色いチューリップを見ると、そこだけ春がやってきたように感じます。

 

民生委員懇談会(1月19日)

地域の民生委員、主任児童委員の皆様に来ていただいて民生委員懇談会を開催しました。実際の子供たちの学習の様子を見ていただいたり、学校の取組をご説明したりした後、懇談しました。地域の老人会の方々が通学路が少しでも安全になるようにはみ出している樹木の枝打ちを行ってくださったことや、困っている家庭があれば手助けをしたいので教えてほしいというお願いなど、子供たちのことを地域の方々、民生委員の方々が温かく見守ってくださっていることが伝わってきました。本当にありがとうございます。

あったか言葉を広めよう(1月16日)

運営委員会の子供たちは、庄南小学校があたたかい言葉でいっぱいの素敵な学校になるように「あったか言葉を広めよう大作戦」を今日から始めました。6年教室では、どんな言葉を言ってもらったときに心が温かくなったか話し合っていました。「サッカーのシュートが決まったとき、『ナイス』と言ってもらったとき」「お手伝いをしたら、お母さんに『ありがとう』と言ってもらったとき」など今までのことを思い出していました。あったか言葉を言ってもらったらそれをカードに書いて、ポストに入れていきます。たくさんのあったか言葉が集まることを願っています。