Archive for 2014年5月5日

校内研修

5月5日(月)、今日は「こどもの日」で祝日です。国民の祝日に関する法律では、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが主旨だそうです。父親である私としては、なぜ父母ではないのかと少々不満に思うところもありますが、「昭和23年に『こどもの日』ができたときに、子供が生まれ育つ上で、どれほど母親の役割が大きいかを考えてもらうためにも、せめてこどもの日くらい母に感謝するということを盛り込もうということになった」という一説を読むと、我が身を振り返り納得します。

さて、本校の今年度の重点目標は「やればできると実感する子供の育成」です。目標に向かって本気で取り組むことで達成感や自己肯定感を感じてほしいと願っていますが、決して「自分が、自分が」ということではなく、周囲に支えられていることに感謝することを忘れてはいけません。重点目標達成のため様々な取組を行っていますが、大きな柱として校内研修があります。今年度の研修主題の副題を「学びがいのある授業づくり」と設定して研修を深めていこうということを、2日(金)の校内研修会で確認しました。

CIMG0439

CIMG0440

 

 

 

 

 

 

子供の人格を重んじ子供の幸福をはかるためにも、子供たちに力をつけるのが学校の役割です。熱心に話し合い、方向性を決めることができました。半年後の11月5日(水)には、県西部教育課程研究集会の算数科部会が本校で開催され、大勢の算数部員の先生に授業を公開します。子供たちが「学びがい」を感じられるよう教職員一同一生懸命がんばります。