Archive for 2014年7月3日

異学年交流

7月3日(木) 長休みにグラウンドで楽しそうに遊んでいる子供たちです。異学年の友達とも楽しそうに上手に遊んでいます。実は、ここに大きな学びの場があります。

異学年の友達との活動は、人とのかかわり方や生活の知恵等を学ぶ貴重な場です。近年、ゲーム等の遊びの変化、核家族化等の影響により異年齢での交流の機会が減り、貴重な学びも大きく減少しています。このような傾向により子供たちの対人関係の希薄さや社会性の未熟さが、学校でのいじめや不登校の要因となっているとも言われています。
学校生活にうまく適応できない子供たちにとっては、対人関係を結ぶ力を高めていくことが必要不可欠です。対人関係を結ぶ力を育てる方法として、異学年との交流活動が有効であると考えます。異学年の仲間との交流を通して友達や教師から認められ、頼られる存在だと感じることが、望ましい対人関係を結ぶ大きな力となるのです。
庄南小学校のよさの一つとして、異学年交流がごく当たり前に行われている点を挙げることができます。写真のように、ごく自然に6年生が1年生と遊んでいます。男女も仲良く遊んでいます。こうした機会を通して、対人関係を結ぶ力を高めている庄南っ子です。

1 2 3

 

スポーツテスト

7月3日(木) 体育館が使えない関係で、まだ実施していなかったスポーツテストのシャトルランを、太田体育館をお借りして行いました。スクールバスをシャトルバスのように使用させていただき、全学年児童が時間差をつけて交代で実施しました。

最初は6年生が行い、しばらくして到着した1年生のお世話もしてくれました。シャトルランとは、決まった速さで20mの距離を往復するテストです。持久力を測るテストですから、回数が多いほどよい点数になります。6年生の多い子供で100回近くでした。

CIMG2114 CIMG2117 CIMG2119 CIMG2123 CIMG2125 CIMG2127 CIMG2128