Archive for 2014年7月11日

テンポよく小刻みに活動

7月11日(金) 1年生が算数科で「10より大きい数」の学習をしています。前に出て発表、10に5をたして「がったい」と全員が大きな声を出して確認、手元のブロックを使って「がったい」する算数的な活動など、様々な活動をテンポよく行っています。

大人でもそうですが、同じ活動を長時間にわたり淡々と行うと集中力が落ちます。「手を挙げる」「返事をする」「大きな声で問題文を読む」「立つ」「椅子を入れる」「座る」「椅子を前に出し姿勢をよくする」「課題について考えを書く」「ものさしを使って線を引く」「話し手の方に体の向きを変える」「話し手の考えを自分の言葉で言い直す」など、小刻みな動きが入る方が子供たちは集中できます。

授業では、子供たちにいかにエネルギーを使わせるかが大切です。

CIMG2319 CIMG2320

あと8日

7月11日(金) もうすぐ夏休みです。早いもので、1学期に登校する日が、今日を除くとあと8日になりました。

1学期のまとめの時期ということで、4年生は1組も2組もそろって社会科の1学期のたしかめのテストを行っています。みんな、がんばれ!楽しい夏休みはもうすぐだよ。

41 42

続けること

7月11日(金) NPO法人「日本を美しくする会」相談役の鍵山秀三郎氏をご存じでしょうか。全国の公共施設のトイレ掃除や講演などを行っておられます。その鍵山氏は、「私が歩いてきた人生をひと言で言うならば『誰にもできる簡単なことを、誰にもできないくらいに続けてきた』ということに尽きると思います」と語っておられました。

10年程前に勤務していた学校で、学校のトイレ掃除を、休日に希望する子供やPTAの皆さんと一緒に行ったことがあります。「トイレ掃除に学ぶ会」のメンバーにお世話になり、裸足と素手(クリームで手の表面をコーティング)でトイレをピカピカにしたのです。清々しい気持ちになったことを覚えています。その時に驚いたのは、終わった後にメンバーで行っておられた専用の掃除用具の片付けでした。全てきれいに種類分けしてコンパクトに片付ける手際のよさに、感動したものです。着ておられたTシャツの背中には「凡事徹底」の4文字がありました。

1 2 3 4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 本校の傘、かっぱ、雑巾かけ、ボールの片付けの様子です。全てが、このようにきちんとしているわけではありませんが、この状態を絶えず維持することができたら、すばらしいと思います。なぜならば、「傘を束ねよう」「かっぱを所定の場所にかけよう」「雑巾を開いて自分の場所にかけよう」という当たり前のことかもしれませんが、続けることは難しいのです。続けるためには、みんなが、それを「当たり前」と感じなければいけないからです。どこかで「まあいいか」「めんどう」などと思うようになったら、すぐに乱れます。

「おはようございます」「行ってきます」「ありがとう」などの挨拶やズックをそろえる、落ちているゴミを拾うことなど、全て「当たり前」としてとらえ、続けていけるとしたら、幸せな人生が開けると私は思います。

となみ散居村縦断マラソン

7月11日(金) 砺波市合併10周年記念事業として、「となみ散居村縦断マラソン」が計画されています。11月23日(日)に実施される予定で、庄南校区もコースに含まれています。是非、子供たちには選手として参加してほしいと思っています。もちろん応援だけでもいいです。みなさんで、盛り上げに協力していきましょう。

CIMG2310