Archive for 2014年8月2日

「誰か」がやるべきこと

8月2日(土) 「庄川で遊ぼう」の活動が、太田公民館主催で行われていました。近くを車で通ると、テントが張られていました。参加している子供たちは、庄川で楽しく水遊びをしているんだろうなと想像しつつ通り過ぎました。

学校に定期的に「ニューモラル」(モラロジー研究所)という小冊子が届けられます。今月号のタイトルは、「『誰か』がやるべきこと」です。あらすじは以下の通りです。

文化祭の出し物のまとめ役を押しつけられたと感じた信司は、自分だけが損をしている気分になります。信司のおじいちゃんは、朝早くから夜遅くまで店の仕事が忙しいにもかかわらず、交差点で毎朝、登校中の小学生の誘導もやっています。おばあちゃんにその理由を尋ねました。あるとき、子供たちがふざけながら交差点を渡ろうとして事故にあいそうになり、それから自発的に始めたそうです。おじいちゃんは、仕事もそうだけど、人の役に立つことに喜びを感じているんだと思うよ。よく「お互い様」「お陰様」とも言っているけど、「自分も地域のお世話になっている」という思いもあるんだろうな。そのことをきっかけに、信司は、まとめ役の仕事をやり始めると、友達も協力してくれました。

庄南校区は、地区の活動が大変盛んです。子供たちを育てようと様々な企画・運営をしていただいています。子供たちは、そのことに対して『感謝』の気持ちを忘れず、大いに楽しんでほしいと思います。間違っても「当たり前」なんて思ってはいけません。

笑顔で大きな声で「ありがとうございました」と言える庄南っ子、そして、周囲の皆さんのために自分にできることを進んで行おうとする庄南っ子であってほしいと願っています。

CIMG2903 CIMG2905