Archive for 2015年10月9日

14歳の挑戦②

月曜日から始まった「14歳の挑戦」も本日が最終日となりました。

庄西中学校からやってきた4名の中学生は、学校の環境整備や学習の補助に大活躍でした。

最終日の今日は、昼の時間にランチルームで、さらに学習発表会の準備が終わった後に中庭で、高学年の子供たちとお別れの式を行いました。

4名の中学生のみなさん、一週間、ご苦労様でした。

IMG_5398

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

ランチルームでのお別れの式

IMG_5400

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

中学生が作成した「仲よしウォーク」の掲示物

IMG_5402

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

新しくなった中庭でのお別れの式

 

 

 

庄南仲よしウォークの成果

先週の金曜日9月25日に予定していた「庄南仲よしウォーク」は、雨天のため延期しました。しかし、待ったおかげで、28日は素晴らしい秋晴れに恵まれました。庄南っ子全員が、大門地区を1年生から6年生の縦割りグループで、ウォークラリーをしながら歩きました。
出発式で、以下のことを子供たちに伝えました。
『今日は、233名みんなが「楽しかった!」と言える1日になってほしいです。そのために、校長先生から魔法の言葉を2つ教えます。
一つ目は、「ありがとう」をたくさん言いましょう。
「ありがとう」をたくさん言うと、言われた友達も言った自分もにこにこ笑顔になって、仲よしになります。
二つ目は、「Aさんのよいところを見つけたよ。よいところは、○○なところ!だよ」とよいところをたくさん見つけましょう。仲よしになると、友達のよいところがどんどん見えてきます。そして、学校に戻ってきたら先生に、家へ帰ったらお家の人に話しましょう。するともっともっと、楽しくなります。
以上のように魔法の言葉を言って、安全で楽しい庄南仲よしウォークにしましょう。そして、たくさんのお世話をしてくださる地域の方々にあったら、ありがとうの気持ちを大きな挨拶で返してください。』

終了後、学校に帰って子供たちは異学年の友達に対して「よいこと見つけカード」を記入しました。心が温かくなるカードがたくさんありすので、紹介します。
<1年生より>
・2年のIさんへ「つかれたときに もうちょっとでがっこうにつくよっていってくれて ありがとう。」
・2年のFさんへ「あるいているとき、はじめてはなしてくれて、ありがとう。」
<2年生より>
・4年のTさんへ「ちいきの人に 大きな声であいさつをしていて、すごかったです。」
・6年のYさんへ「わたしがつかれて歩いているときに「リュックもとうか?」と言ってくれてありがとうございました。」
<3年生より>
・5年のIさんへ「下の学年がつかれていたら、水とうをもってあげていたので、すごいと思いました。」
・4年のIさんへ「Iさんが元気にあいさつをしていたら一年生もいっしょにあいさつをしていたので、お手本になっていて、すごかったです。」
<4年生より>
・3年のIさんへ「暑い中、つかれているのにあいさつの声が大きかったり、手をしっかり上げていたりして、よくがんばっているなと思いました。」
・5年のMさんへ「ぼくがつかれたとき、『リュックを持とうか』と聞いてくれてありがとう。」
<5年生より>
・2年のOさんへ「Oさんは、いつでも明るく元気で、楽しいおしゃべりでみんなを楽しませてくれました。」
・3年のIさんへ「Iさんは、前の人とあいだをあけずに一列になっていて、さすが
3年生だと思いました。」
<6年生より>
・1年のFさんへ「1年生なのに「つかれた」とか言わずがんばってくれました。」
・6年のTさんへ「班長として低学年のリュックをもったり、声かをして、しっかりしています。」

学習発表会では、「全校児童のよいこと見つけカード」を理科室前に掲示してありますので、是非ごらんください。ちなみに、このカード一覧の掲示物は、庄西中学校から「14歳の挑戦事業」で来校している中学2年生の皆さんが、手伝ってくれました。

10月8日