Archive for 2015年11月26日

大成功!「地域にひびけ合唱の輪」の集い

11月21日、「地域にひびけ合唱の輪」の集いが開かれました。庄南校区に「地域合唱の会」が結成されて17年目となり、17回目の集いが行われました。今年も中野幼稚園や太田幼稚園、庄下保育所の園児たち、庄西中学校の3年生の皆さん、BMコーラスの皆さん等、たくさんの地域の皆さんの参加のおかげで、大成功を修めることができました。特に、庄西中学校のお兄さんお姉さんの合唱コンクールで一位になった歌声は迫力があり、1年生や2年生の子供たちも身動きせずに真剣に聴いていました。最後に、会場にいる者全員で「ふるさとの空」を合唱し、一体感を味わうことができました。これからも、地域に合唱の輪が広がり、多くの皆さんとこの素晴らしい感動を共有できる機会が広がっていくことを願っています。

DSCF9324 DSCF9331 DSCF9332 DSCF9338 DSCF9340

 

学校給食となみの日

昨日、学校給食となみの日に合わせて、庄南校区にお住まいの野菜の生産者 藤井晴美さんと藤井弘子さんが、来校されました。

藤井晴美さんからは、給食で使われている「ねぎ」のお話、藤井弘子さんからは同じく「大根」のお話を聞くことができました。その後、2名の方と楽しく会食しました。

P1030021 P1030022 P1030024

ありがとう!7年間余りもお世話になりました

先週の金曜日、7年間半もの間、学校給食のお世話をしてくださった松井さんとのお別れの式がありました。今まで、給食の配膳や後片付けの世話に加え、庄南っ子一人一人に給食を手際よく配る方法やこつ等をたくさん教えていただきました。元気で明るい松井さん、これからもお元気でご活躍ください。
来週からは、新たに山作さんが給食のお世話に来てくださいます。山作さん、よろしくお願いいたします。

DSCF7675

DSCF7677 DSCF7680 DSCF7683

自分に挑戦! 庄南っ子全員の質問教室④

9日の放課後、庄南っ子全員を対象とした質問教室が開かれました。2学期の9月・10月は、1年~3年を対象にした質問教室を行っていましたが、今回は庄南っ子全員が対象です。出席者は77名! どの子供も家庭学習ノートに自分の苦手な学習内容を復習したり分かりにくい所を質問したりする様子が見られました。支援員や地域ボランティアの皆さんのお力も借り、分からない所にあえて挑戦しながら苦手意識をなくす庄南っ子になってほしいものです。

11月10日① 11月10日②

自分の目で見て、耳で聞いた5年校外学習

10日は、5年生がとなみの工業株式会社へ校外学習に行ってきました。場所は、校区のすぐ隣にある庄川町五ヶです。私の住まいである同じ種田地区にあるにもかかわらず、今まで見学に行く機会がありませんでした。今日やっと5年生の校外学習に一緒に参加し、見学することができました。となみの工業株式会社は、環境にやさしい車づくりで社会に貢献し、経営理念は「品質至上」とのこと。工場内は大きな作業音で説明が聞こえにくいため、一人一人がワイヤレス受信機を身に付けて、説明を聞くことができました。現在トヨタ部品であるプリウスのクラッシュボックス(バンパの下で衝撃を吸収する部品)やバッテリーフレーム等を製作しておられました。砺波市で製作したアルミ自動車部品が、日本の車産業を支えていることを実感できる貴重な校外学習となりました。

DSCF6628 DSCF6654 DSCF6667

 

自分に挑戦! 富山県小学生駅伝競走大会② 地域合唱の会出場③

実りの秋、真っ盛り! 今までの練習の成果を発表する機会も多くなっています。8日の日曜日、富山県小学生駅伝競走大会が富山県庁の周囲をコースとして開催されました。本校から2名の選手が、砺波市の代表として出場しました。結果は、見事富山県第3位でした。2人が朝、職員室に報告に来た時、日頃の練習の成果を発揮できたことをはっきりと伝えてくれました。6年Nさん、5年N君、お疲れ様でした。

DSCN2328

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

さらに8日には、庄南校区にある中野地区・太田地区・庄下地区の公民館まつりがありました。その公民館まつりにて、地域合唱の会が4月からの練習の成果を発表しました。発表曲は「世界の民謡メドレー」と「四季の童謡メドレー」です。私は初めて一員として参加しましたが、お腹から思い切り声を出して歌うことができ、すっきりとしました。庄南っ子や教員、BMコーラス、地域の皆さんが一緒になって、歌を歌う素敵な時間を共有することができました。ちなみに、今回の指揮は、庄南小学校の蓑先生が、堂々と務めてくれましたよ!

庄下 太田 中野

車いす・高齢者体験

6年生は、ボランティア学習の一環として、車いす・高齢者体験を行いました。砺波市社会福祉協議会から4名のみなさんに来校していただき、「手足の動きが不自由になる体験」「視野が狭くなる体験」「耳が聞こえにくくなる体験」「車いすに乗ったり、押したりする体験」の指導を受けました。子供たちは、実際に高齢者になったつもりで体験活動に取り組むことで、自分たちにできるボランティアの内容を見付けていました。

P1010988

P1010990 P1010995 P1010997