Archive for 2017年9月21日

4年ヘチマのたわしづくり(9月21日)

4年生は、理科の学習で育てて観察してきたヘチマの実でたわしを作りました。大きくぶつ切りにしてゆでたヘチマの皮をむいたり、種を取ったりしました。実の中にたくさん入っている種を一つ残らず取ろうと苦労していましたが、白くてきれいなたわしがたくさんできました。

Jアラート避難訓練(9月20日)

今日、Jアラートが発令されたときに備えての訓練を行いました。放送でJアラートが発令されたことが伝えられると、子供たちはすぐに机の下にもぐったり、体育館の中央に集まって身を伏せたりすると同時に、閃光やガラスの破片から目を守るために目を閉じ、爆音から耳を守るために手で耳をふさぎ、じっと安全を伝える次の放送を待ちました。学校中が緊張感に包まれました。平和と安全な暮らしの大切さを考えさせられる訓練でした。

3年社会科「よく利用するお店は?」(9月19日)

3年生は、社会科で「店ではたらく人と仕事」の学習をしています。今日は、家で調べてきた結果をもとに「よく買い物に行くお店」についてグループで話合い、そのわけについて考えました。友達の家ではどのお店に行っているか、興味津々でした。

縦割り清掃開始(9月19日)

これまでは、学年ごとのグループで清掃する横割り清掃でしたが、今日から、1~6年生が混じったグループで清掃する縦割り清掃を始めました。横割り清掃では、担任の指導のもと学年ごとに正しい掃除用具の使い方や掃除の仕方を身に付けられるようにしました。そして、今日からの縦割り清掃では、高学年が清掃リーダーとなり、子供同士で清掃の仕方を教え合ったり協力したりして清掃します。今日は、清掃場所ごとに役割分担を確かめ、さっそく1~6年生一緒に掃除を始めました。新しい掃除場所で戸惑う低学年に優しく声をかける上学年の姿が見られました。

 

通学班集会(9月15日)

毎月15日は、自分たちで安全を確かめる日です。教師は、街頭に立ち子供たちの通学の様子を確かめたり、校舎や学校敷地内の安全点検をしたりします。子供たちは、朝の会の前に通学班ごとに集まって通学班集会をします。今日は、9月の通学班集会でした。通学班長を中心に振り返りカードで「集合時刻に間に合っているか」「挨拶をしているか」「1列に並んで歩いているか」「自分で安全を確かめているか」の4つを確認しました。子供たち安全に過ごせるように、この15日の取組を大切にしています。

 

5年稲刈り(9月14日)

5年生が、5月に田植えをした稲が、今日収穫を迎えました。5年生の子供たちは慣れない鎌を使って、一束一束丁寧に刈り取り、落ち穂も残さないように拾ってコンバインに運び、脱穀してもらいました。地域の皆さんのおかげで、米づくりの大変さや苦労、収穫の喜びを味わうことができました。今日収穫されたお米は、11月12日のとなみ野農業祭りの巻き寿司に使われます。5年生は、PTA親子活動で当日の巻き寿司づくりに参加します。自分たちが収穫したお米でつくった巻き寿司味は、格別なものになるでしょう。

自作童話大会(9月14日)

9月14日、本校で砺波市少年少女自作童話大会が開催され、5、6年生から選ばれた4名の代表が出場しました。4人は、1学期から考え、夏休みも練習を繰り返してきた自分の童話を、審査員、来賓、保護者、5・6年生の子供たちの前で堂々と発表しました。どの作品も、想像の世界を広げ、一人一人の夢や思いの詰まった素敵な童話でした。審査の結果、6年の中村さんが最優秀賞に選ばれ、11月の県大会に出場することになりました。県大会でもがんばってほしいと思います。