Archive for 2018年2月15日

第2回学校保健員会(2月15日)

学校医・学校薬剤師、保護者の代表の方々をお招きして、今年度2回目の学校保健員会を行いました。「体も心も健康な庄南っ子を目指して」をテーマに、まず、今年度の子供たちの健康状態やとやまゲンキッズ作戦の結果、学校や児童保健委員会で取り組んだ「廊下や階段の右側歩行」の活動等を報告しました。学校医の先生方や保護者の方々から、子供たちが工夫して取り組んでいること、継続することで成果が現れていることを認めていただくと同時に、今後さらに取り組むべき課題も指摘いただき、有意義な会となりました。

なわ跳び大会リハーサル(2月14日)

2月18日(日)、今年最後の学習参観の日になわ跳び大会を行います。それに向けて、庄南っ子タイムに全校児童が体育館に集まってリハーサルをしました。運動委員会の子供たちの司会の言葉を聞きながら、個人種目の発表や色団ごとの8の字跳びの競技にどのように並ぶか確認しました。18日には、なわ跳び大会に向けて一生懸命練習してきた子供たちをぜひ応援しにきてください。

5・6年インターネットの安全な使い方(2月13日)

今の子供たちの暮らしの中に、インターネットはいたるところで関わっています。コンピュータやタブレット・スマホだけでなく、子供たちがいつも使っているゲーム機や携帯音楽プレーヤー等もインターネットにつながります。そんな子供たちが、安全にインターネットを使うことができるように、eネットキャラバン事業を活用し「インターネットの安全な使い方」について5・6年生の子供たちが学習しました。インターネットを介して起きる犯罪やいじめ・様々な危険、そしてそれらから身を守るために守るべきルールについて教えていただきました。子供たちを守るためには、まず大人がしっかりと子供たちとルールを決め、フィルタリング等の対策をしっかりと行うことが大切だと感じました。

2年給食指導(2月13日)

2年生の子供たちが、「元気な体をつくる食べ物のひみつ」と題して、バランスのよい食事の大切さについて学習しました。学校給食センターの栄養教諭の先生から、赤・黄・緑の3色の食品のそれぞれの役割を教えていただいた後、自分でいろいろな食品がどの仲間か分けてみました。子供たちは、バランスよく食べること・好き嫌いせず食べることが、元気に大きく成長することに大切なことが分かりました。

不審者対応避難訓練(2月13日)

学校に不審者が侵入したときの避難訓練を行いました。不審者に扮した職員に対し、それを呼び止め子供たちのいる場所に近付けないようにする者、不審者を刺激しないように全校に合図の放送をする者、その放送を聞いて刺股を持って駆けつける者、子供たちが安全に避難できるように教室で子供たちを並べて待機させる者等、教職員がそれぞれの役割を確認しながら行動しました。また、子供たちには、不審者侵入の合図の放送が聞こえたら、どのように行動すればよいかを指導し落ち着いて避難しやすいように並ぶ練習をしました。実際におきてほしくないことですが、いざというときに子供たちの安全を守るための訓練でした。

スキー教室(2月9日)

今日は、3~6年生のスキー教室を夢の平スキー場で行いました。この前からの雪で、スキー場には雪はたっぷり、天気は快晴という最高のスキーコンディションでした。砺波市スキー連盟の講師の先生方にも指導いただいて、子供たちは1日しっかりとスキーに親しむことができました。帰るとき先生から「楽しかった人」と聞かれると、全員「はい」とさっと手を挙げていました。最高のスキー教室でした。

 

給食感謝のお手紙私(2月8日)

日頃から給食でお世話になっている、配膳員さんや校務助手の皆さんに、子供たちが感謝の気持ちをこめて書いたお手紙をお渡ししました。みんなが気持ちよく給食を食べられるように、自分たちが勉強をしている間からテーブルをふいたり、配膳の準備をしたりしてくださっている配膳員さん。配膳や食器の片付けに力を貸してくださる校務助手さん。「ありがとう」の気持ちをしっかりと伝えました。