Archive for 2018年6月14日

2年お餅屋さんに行ったよ(6月14日)

2年生は、生活科のまち探検で学校の隣のお餅屋さんに行きました。お餅やお菓子が作られている様子を見学させていただいたり、いろいろな質問に答えていただいたりしました。そして、自分たちで豆餅を笹に包んで笹餅を作る体験もさせていただき、自分で作った笹餅をお土産にいただきました。機械の中から同じ大きさに丸まったお餅が出てくる様子を見たり、甘い洋菓子が焼けるにおいを嗅いだり、そして実際にお餅を作ったりと子供たちは五感を通して学ぶことができました。

1年金銭教育出前講座(6月14日)

1年生の子供たちは、金融広報アドバイザイーの先生からお金の使い方や大切さを学びました。始めに先生が1年生の子供たちに聞いてみると、一人でお金を使ったことのある子供はほとんどいませんでした。有効に使うと自分の生活を豊かにしてくれるお金。お父さん、お母さんたちの労働の対価として得られるお金。無駄に使うと、どんどん減っていくお金。1年生は、お金についてあまり考えたことがないということが分かりました。子供たちが、社会に出るころには、現金での買い物だけでなく、カードやインターネット等での売買が大きな割合となり、自分でしっかりとお金を管理する力が今以上に必要となります。今日のような学習を通して、子供のときからしっかりと自分の生活、金銭について考える力を育てていきたいと思います。

クラブ活動(6月13日)

今日の6限目はクラブ活動でした。4~6年生の子供たちが、自分のやりたいクラブに入り活動をしています。その中には、料理クラブ・囲碁、将棋、オセロクラブ・手芸クラブ・お茶クラブのように地域の方々に教えていただいているクラブもあります。専門的なことをくわしく教えていただいたり、困ったらすぐに相談したり、温かく見守っていただいたりする中で、子供たちは安心して楽しく活動することができます。本当にありがとうございます。

プール清掃(6月12日)

今日は、6月20日に予定されているプール開きに向けて、プールをきれいにするプール清掃を行いました。5・6年生の子供たちが、プールの中や周囲、更衣室等すみずみまできれいにしてくれました。一生懸命掃除をしてくれている5・6年生の姿がとてもすがすがしく感じられました。気持ちよくプールでの学習がはじめられます。ありがとう!

学校訪問研修会(6月11日)

今日は、西部教育事務所、砺波市教育委員会、砺波市教育センターの方々に学校の取組、全ての学級の授業を公開し研修する、学校訪問研修会を行いました。子供たちは、大きな声で発表したり、廊下で会った先生方に大きな声で挨拶したりと、いつもの元気で素直な庄南っ子の姿をたくさん見せてくれました。

伝統行事を受け継いで(6月9・10日)

今週末に、大門地区の「田祭り」、上中野地区の「つぼよみこし」が行われました。大門地区では、田楽あんどんを持った子供たちが地域の家を一軒一軒周り、家の前を周りながら、豊年満作を祈る夜高歌を歌っていました。上中野地区では「つぼよ(チガヤ)」をてっぺんに飾り付けた手作りの神輿「つぼよみこし」を子供たちが担いで2つの神社を周り、豊年満作を祈る4つの歌を歌いながら踊っていました。どちらも、子供たちが主役となり、昔ながらの歌をしっかりと歌い踊っていました。そこには、伝統行事をしっかりと子供たちに受け継がせていこうという地域の方々の思いを感じました。

6月の挨拶運動(6月4~8日)

今週は、6月の挨拶運動でした。子供たちの登校に合わせて集まっていただいた今月担当の4年生の保護者の方々や運営委員会の子供たちが一緒に挨拶する中、登校してきた通学班の子供たちが次々に挨拶リレーをしていきました。元気のいい、挨拶が学校に響きました。