Archive for 2018年12月21日

2学期終業式(12月21日)

今日は、2学期最後の日。終業式を行いました。まず、学年代表の子供たちが、2学期にがんばったことを発表しました。勉強でがんばったこと、学習発表会や庄南仲よしウォークでみんなで力を合わせたこと、そして庄南っ子5か条のルールを守れたことなど、2学期のことをしっかりと振り返ることができていました。さあ、楽しい冬休みが始まります。すてきな思い出をたくさんつくって、笑顔で3学期を迎えてほしいと思います。

3年彫刻刀の練習(12月20日)

3年生は、図画工作科の時間に今年から彫刻刀を使っての版画づくりに挑戦します。今日は、彫刻刀を使うときにけがをしないように、正しい彫刻刀の使い方を練習しました。左手に軍手をはめて、右手でしっかりと彫刻刀をもち、板を回しながら自分で書いた線を彫り進めます。彫刻刀の刃の角度や力の入れ具合が分からず、なかなか思うように彫れなくて悪戦苦闘する子供たち。3学期には、本当の版画を彫ります。うまく彫れるといいですね。

1年カルタの練習(12月20日)

1月18日には、カルタ・百人一首大会があります。1年生にとってはじめてのカルタ大会に向けて、教室で練習をしていました。先生が札を読むと、さっと取る子、目の前の札を取られて悔しがる子…。犬棒カルタは、やればやるほど、早く札を見付けることができるようになります。冬休みに、家族のみんなとカルタを楽しむといいですね。

1年生 2年生を秋の遊びにご招待(12月19日)

1年生の子供たちが、生活科の時間に作った遊びのお店に2年生を招待しました。どんぐりのけん玉、どんぐりの的当て、やじろべえやどんぐりゴマ…。一人一人が、自分たちで集めてきた秋のもので工夫して作った遊びのお店を開店していました。「どうぞ来てください!」と元気に呼び込みをする1年生。いろいろな遊びを楽しそうに回る2年生。お互いに楽しい1時間でした。

2年庄南のじまん発表会(12月14日)

2年生の子供たちは、これまで生活科の学習で、中野・太田・大門を探検し、庄南校区の素晴らしさ、素敵な人をたくさん見付けてきました。今日は、その学習のまとめとして、自分たちの見付けた、庄南のじまんを探検でお世話になった地域の方をご招待して発表しました。校区のお寺や神社、お店や工場、公民館やアズマダチの古い家など、じまんに思う場所や人をグループで発表していきました。ご家族の方々もたくさん見に来ていただき、子供たちも張り切って発表していました。そして、「ありがとう」の気持ちを歌でも届けました。最後に太田の公民館長さんが言われたように、これからも地域のよいところをもっともっと見付けて、地域のことが大好きになっていてほしいと思います。

なわ跳び集会(12月11日)

今日、運動委員会主催のなわ跳び集会を行いました。学年毎に1分間で8の字跳びを何回跳べるか、色団で競います。1年生から跳び始め、2年、3年と学年が上がるにつれて、なわを回すスピードもどんどん速くなり、上学年の切れ間なくなわに飛び込んでいく姿は見物でした。跳んだ回数がステージ上に映し出され、色団毎に合計されていくのを見ては一喜一憂する子供たち。6年生は、自作の応援旗を振って自分の色団を真剣にエールを送っていました。今年の成績は優勝 黄団、次賞 赤団でした。みんなの心が一つになった集会でした。

2年学級会(12月10日)

2年生の子供たちが、学級会をしていました。司会者・副司会者・黒板書記・ノート書記等の役割をしっかり決めて、「みんなが楽しいドッジボールのルール」について話し合っていました。楽しいはずのドッジボールでついついトラブルが起こる子供たち。みんながボールを投げられるように譲り合ったり、ボールに当たってもいじけないようにしたりすればよいなど、話し合う中で一人一人がどうすればよいか考えていました。さあ、次のドッジボールは楽しくできるかな?