Archive for 2018年12月7日

寒い季節もみんなで仲よくしよう集会(12月7日)

今日は、運営委員会主催の「寒い季節もみんなで仲よくしよう集会」を行いました。美化委員会は、みんながしっかり掃除ができるように劇で伝えました。環境委員会は、花壇に植えられている花のこと等についてクイズでお知らせしました。保健委員会は、全校から募集した歯と口の標語の中から学級毎の最優秀作品を発表しました。図書委員会は、学年の目標冊数の本を借りた読書名人を紹介しました。それぞれの委員会が、工夫を凝らし、庄南小学校が少しでも素敵な学校になるように呼びかけていました。

6年やなぜ苑2回目の訪問(12月6日)

6年生の子供たちが、2回目のやなぜ苑の訪問に出かけました。1回目の訪問で喜んでもらえたことや、うまくお年寄りと接することができなかったことをみんなで話合い、1回目よりもっとお年寄りに喜んでもらえる訪問にしようと、準備を進めてきました。「高い音よりも低い音の方が聞こえやすいそうだよ」「元気いっぱいの踊りは喜んでもらえたよ」「ゆっくりはっきりと、耳元で話すと伝わるよ」…。子供たちは、これまでの学習の成果を発揮し、1回目よりも自信をもって、積極的にお年寄りと関わることができました。

赤い羽根共同募金寄贈(12月5日)

運営委員会の子供たちが、全校の子供たちに呼びかけて集めた赤い羽根共同募金を、砺波市社会福祉協議会に寄贈しました。代表児童から手渡された募金。子供たちの思いが、災害等で困っている方々に届くと思います。

1年生第2回幼保小合同学習(12月4日)

1年生の子供たちと太田幼稚園・中野幼稚園・庄下保育所の年長さんとの合同学習を行いました。1年生の子供たちは今日まで年長さんに小学校のことを知ってもらおう、楽しんでもらおうと一生懸命準備や練習をしてきました。8つのグループに分かれて、まずは自己紹介です。そして、グループごとに学校探検に出かけました。いろいろな学年の教室や理科室や図工室等の特別教室を1年生が案内して回りました。音楽室では、1年生の鍵盤ハーモニカの演奏に合わせて、年長さんが打楽器を鳴らしました。最後に、1年生がつくるアーチを通ってさよならをしました。小学校では、一番小さな1年生が、ちょっぴりお兄さん・お姉さんらしくみえました。

PTA親子地場産料理教室(12月1日)

PTA母親委員会主催の「親子地場産料理教室」が開催されました。地域の食生活改善推進委員のOGの方々でつくられている「卯月の会」の皆さんのご指導で、地場産の野菜を使った料理を親子でつくりました。「大根菜よごしキッシュ」「柿のなます」「べっこう」「干しズイキの白和え」「かぼちゃプリン」等、郷土料理や郷土料理を更に現代風にアレンジした料理をつくっていきました。子供が主役ということで、柿の皮むきに低学年の子供が挑戦し、大人がそれをはらはらしながら見守るなど、和気あいあいとした姿がたくさんみられました。できた料理をみんなでおいしくいただきました。親子の触れ合い、そして地場産食材を使った郷土料理のよさを味わうことができました。