Archive for 2019年1月31日

学校関係者評価委員会(1月31日)

今日は、保護者や地域の代表の方をお招きして、第2回の学校関係者評価委員会を行いました。まず、全クラスの子供たちの授業の様子を参観していただきました。その後、アクションプラン等の学校の取組、子供や保護者のアンケート結果等を報告し、意見交換を行いました。「不審者についての子供たちへの指導が大切」「視力を守るために姿勢がもっとよくなるとよいなど」子供たちのことを考えたご意見をいくつもいただくことができました。ありがとうございました。

工作クラブの凧揚げ(1月30日)

工作クラブの子供たちが、クラブの時間につくった凧を前庭で揚げていました。冬とは思えない青空の下、雪がすっかり溶けてしまった前庭を元気よく走り回っていました。初めて凧揚げをした子供もいて、昔ながらの自分でつくった物で遊ぶ楽しさを味わっていました。

 

 

 

県書初大会練習(1月30日)

2月11日に開催される、県の書初大会に出場する5名の子供たちが、休み時間に書初の練習をしました。習字の先生の「もっと太くしたらいいよ」「字の大きさを考えて」「最後までしっかりとはらって」などの指導を受けながら一生懸命練習をしていました。本番でも、自分の力を発揮して、のびのびと書いてきてほしいと思います。

1年紙粘土版画(1月30日)

1年生が、紙粘土を使った版画に挑戦しました。平たく伸ばした紙粘土を自分のつくりたい海の生き物の形に切り取り、自分でもってきたいろいろな物を型押しして模様を付け、ローラーでインクを塗って紙に写し取ります。この後、回りに模様を付けて完成です。楽しい作品ができそうです。

友情の絵はがき(1月29日)

今日の朝、運営委員会の子供たちがボランティア活動として「友情の絵はがき」による募金活動をしました。富山県肢体不自由児協会でつくられた「友情の絵はがき」を1枚20円で買ってもらい、その売上金を富山県肢体不自由児協会に送り、体の不自由な子供たちの役に立ててもらう活動です。お知らせを聞いて、家から募金をもってきた子供たちが絵はがきと交換していました。明日もこの募金活動をします。この活動を通して、お互いに助け合う優しい気持ちが育まれることを願っています。

1・2年マット教室(1月28日)

1年1組、2年2組のマット教室を行いました。今日で、1・2年生は全クラス2回ずつのマット教室が終わりました。1回目に教えていただいたいろいろな運動や勢いを付けて手を使わずに起き上がる前回りがもっと上手にできるように練習しました。「おしい、もう少し」「すごい、できたね」、指導の先生に励まされながら子供たちは楽しくマット運動に取り組みました。

6年租税教室(1月28日)

税金について学ぶ「租税教室」を6年生で行いました。砺波税務署から2名の方に来ていただき、私たちの暮らしがどのように税金によって支えられているか税の仕組みや役割についてDVDやクイズを交えて分かりやすく教えていただきました。2学期の社会科の学習と結び付けながら子供たちは真剣に話を聞いていました。