Archive for 2019年2月17日

今年度最後の学習参観(2月17日)

今日は、今年度最後の学習参観を行い、この1年間の子供たちの成長・学習の成果を見ていただきました。これまでの練習の成果をちょっと緊張して発表している子供、おうちの方の姿を探して回りを気にしながら学習している子供、そんな姿を微笑ましく見ておられるご家族の方。PTA教育講演会の後にいつも行っている基礎学力定着の取組「スキルタイム」の様子も見ていただきました。たくさんの保護者の方々のご来校、本当にありがとうございました。がんばっている子供たちをぜひご家庭でもほめてあげてください。

漢字クイズ(2月15日)

<この漢字が読めますか?答えは明日発表します。>

地域の方が「新しく公民館の看板を付け替えたのだが、子供たちが読めない漢字が使われているので伝えてほしい」と知らせに来てくださいました。そこで、教頭先生が玄関に上のようなクイズを出しておきました。登校してきた子供たちは、興味津々で「こっちは堅いかな、こっちは品かな」など答えを予想していました。そして、今日は答え発表の日。

「やっぱり『区』やった。本当だ。よく見たら『野』を分解するとこの字になるね」子供たちは、漢字の面白さを感じることができたようです。

1年こんなに書けるようになりました(2月15日)

1年生の国語の時間をのぞいてみると子供たちが、動物の赤ちゃんの特徴をプリントにしっかりまとめていました。教科書の文や黒板に書かれた先生のヒントを見ながら、自分で考えくわしく書いている1年生。10カ月前はまだひらがなを勉強していたのに、もうカタカナや漢字を使ってたくさんの文字を書いている1年生に、子供の成長のはやさ・学習能力の素晴らしさを実感しました。

1年雪遊び(2月14日)

久しぶりに雪が積もり、1年生の子供たちは生活科の時間に楽しみにしていた雪遊びができました。大きな雪だるまをつくったり、そりで築山を滑ったり、雪合戦をしたりと、思い切り雪を楽しみました。けれども、せっかく積もった雪も午後には溶けてなくなりました。春が近付いているんですね。

 

3年総合的な学習の時間「となみの宝物を伝えよう」(2月13日)

3年生は、2月17日の学習参観のときに、この1年間総合的な学習の時間に自分たちが学習してきた「となみの宝物」を家族の皆さんに伝えます。それに向けて、今日はグループ毎の発表練習をしていました。発表原稿の確かめをするグループ、何度も練習を繰り返すグループ、そして先生の前で発表を聞いてもらうグループ。砺波のすてきな宝物がしっかりと伝わるようがんばっています。

2年生活科「あしたへジャンプ!」(2月13日)

2年生は、生活科「あしたへジャンプ!」の学習で自分が生まれてから今までの成長を確かめています。家族にインタビューをしたり、小さいときの写真や使っていた物を持ってきたりして、今までにどれだけ成長したか、家族に大切にされてきたかをファイルにまとめています。今日は、1組の子供たちは道徳の時間に命について学習をしたあと、おうちの人への感謝の手紙を書いていました。生活科の時間に使っているファイルを見返しながら何を書こうか考え、一生懸命書いていました。2組は、これまでの生活科の学習をファイルにまとめアルバムを作っていました。友達同士で見合いながら、小さかった頃からの成長を確かめていました。

6年バトンタッチ集会準備(2月13日)

2月22日に、6年生はバトンタッチ集会を開きます。これまで自分たちが行ってきた仕事や役割、そしてどんな庄南小学校を築いていってほしいかという思いを下級生に託す集会です。6年生は、総合的な学習の時間にそれぞれの担当グループに分かれて集会の発表原稿をみんなで考えていました。これまでがんばってきた6年生、自分たちの思いをしっかりと下級生に伝えてほしいと思います。