Archive for 2019年7月21日

中野三世代交流

7月21日(日)に中野地区福祉推進協議会主催の中野三世代交流が中野農村振興会館で開かれました。エコバック作りや、昔遊びラリー等、子供たちからお年寄りまでが関わっていろいろな活動を楽しんでいました。昔遊びラリーでは小学生の子供がメンコの遊び方を教わっていました。最初はなかなかうまくできなかった子供たちが、最後にはメンコをひっくり返すことができて、お年寄りの方と握手をして喜ぶ姿がみられました。普段なかなかふれあうことができない地域の方と過ごせる素晴らしい姿に感動してしまいました。

着衣泳(7月17日)

今日は、全校児童の着衣泳の学習を行いました。BFCの夏季研修として、砺波地域消防組合潜水救助隊の方々や地域の消防団の方々のご指導の下、水の中での命を守る行動の仕方について学びました。まず、安全な水への入り方を教えてもらった後、水に落ちたときに助けが来るまでペットボトルを使って「浮いて待つ」練習をしました。プールに着衣のまま入り、ペットボトルを抱えて浮かぶのですが、低学年の子供たちにとってはなかなか難しく、先生や消防署の方に支えられながらがんばって浮かんでいる子供もいました。もうすぐ夏休み。水辺で遊ぶ機会が増えます。また、洪水等の災害もいつ起こるか分かりません。いざというときに、今日学んだことを生かし、命を守る正しい行動ができるようになってほしいと思います。

4年理科「ヘチマの観察」(7月16日)

4年生が、理科の学習で育てているヘチマの観察をしていました。どれだけ大きくなったか巻き尺で測ろうとしても測れないくらいくねくねに伸びたヘチマ。つるが絡み合って、自分のヘチマか友達のヘチマか分からなくなったヘチマ。子供たちへ大きく伸びたヘチマにびっくりしていました。

3年道徳科の学習(7月16日)

3年生が、道徳科の学習で「一本のアイス」の話をもとに正直について学習していました。お話をもとにうそをついてしまったときのもやもやした気持ちや正直に言えたときのほっとした気持ちをみんなで話し合った後、自分の生活を振り返ってカードに書いていました。中には「これお母さんに知られたら怒られるからカードに書きたくないな」と困っている子もいました。そして最後の話合いでは、怒られたくなくてお母さんにうそをついてしまったときのことや、正直に言ってすっきりしたこと等、子供たちはみんなの経験を聞き合い、正直に過ごすことの意味を考えていました。

地域合唱お楽しみ会(7月13日)

今日は、地域合唱の練習会の後、みんなでごちそうを食べて楽しみました。準備していただいた、サラダやパン、くだものやデザートを食べながらみんなで楽しいひとときを過ごしました。

4年PTA親子活動「庄川の自然に親しもう」(7月13日)

4年生が、PTA親子活動で太田公民館主催の「庄川の自然に親しもう」に参加しました。地域の方々が子供たちの安全を見守ってくださっている中、子供たちは庄川の浅瀬に入って、水遊びや魚とり等をして楽しみました。4年生は総合的な学習の時間の学習で「庄川探検隊」として庄川について調べ学習をしています。その庄川に実際に入って自然に親しんだり、庄川についてのお話を直接地域の方から聞いたりすることは、庄川がもっと身近なものとなり、庄川のよさを実感できる素晴らしい機会です。最後には、庄川で冷やしてあったスイカもごちそうになりました。地域の皆さん、保護者の皆さん本当にありがとうございました。

 

となみ育ちのたまねぎいっぱ~い給食(7月12日)

今日の給食は、砺波の名産「雪たまねぎ」を使った「たまねぎいっぱい給食」でした。それに合わせて、地域のたまねぎ生産農家の方をお招きして一緒に給食を食べました。まず、生産者の方からたまねぎ栽培の仕方やおいしいたまねぎをたくさん食べてほしいという思いをお聞きしました。そして、雪たまねぎのポトフ、鮭の雪たまねぎのマリネ等、たまねぎいっぱいの給食をみんなでおいしく食べました。