Archive for 2019年12月18日

チャレンジ8の字跳び大会(12月18日)

今日の5限目、運動委員会主催「チャレンジ8の字跳び大会」を開催しました。色団毎に1年生から6年生までの8の字跳びが跳べた回数の合計で競いました。今年8の字跳びに初挑戦した1年生から競技が始まりました。学年が進むにしたがって、なわを回すスピードもどんどん速くなっていき、連続して跳び続ける上学年の姿に低学年の子供たちはびっくりしていました。「1、2、3…」と跳んだ数をみんなで唱えながら自分の色団を応援する子供たち。跳んでいる子も応援している子もみんなの心が一つになっていました。

2年「きらきらあつめ」(12月18日)

2年生の子供たちがホームスペースで楽しそうに活動をしていました。何をしているのか見てみると「きらきらあつめ」でした。友達のよいところ「きらきら」をカードに書いて渡す活動です。「15枚ももらったよ」「もっともっとあるよ」とどの子もうれしそうに友達のよいとこ見付けに取り組み、もらったカードを大事そうに台紙に貼っていました。互いのよさを認め合う優しさや仲間意識、自分のよさに気付いた自信が子供たちを笑顔にさせているんだなと感じました。

雨の日のはきもの(12月18日)

今日は、朝から冷たい雨が激しく降っていました。そんな中、子供たちはがんばって登校してきました(えらい!)。そして、玄関では大渋滞が起きていました。理由は、ランドセルから替えの靴下を出し、雨で濡れた靴下を玄関で履き替える子供がたくさんいたからです。替えの靴下がある子はいいのですが、替えの靴下がなく、濡れた靴下のまま内履きを履く子、濡れた靴下を脱いで裸足で内履きを履く子もいました。最近は、雨でもズックやスノトレを履いてくる子が多く、今日のような雨では、靴の中がずぶ濡れになってしまっています。数えてみると、長靴を履いてきている子供は全校で約25%、4人に1人でした。1年生は63%、2年生は28%、3年生は18%、4年生は12%、5年生は21%、6年生は14%とおしゃれを気にするのか学年が上がると長靴を履いてこない子供が増えるようです。北陸の冬は天候の悪い日が多くなります。季節や天候に合わせた安全なはきもの、服装を自分で判断して選べる子供たちになってほしいと感じました。