Archive for 2020年12月24日

みんななかよくクリスマス会(1年生)

クラスのみんなで話し合って、クリスマスとお誕生会を合体させた「クリスマスお誕生会」をしました。

まずは、2学期に誕生会を迎えた友達を、ハッピーバースデーの曲でお祝いしました。

「あわてんぼうのサンタクロース」も歌った後は、お楽しみのゲームです。係の友達の話を聞いてから、スタートしました。

一つ目のゲームは、だるまさんがころんだです。密を避けるため、子供たちなりに考えて、2グループに分けてしました。見ているグループも、「○○さん、動いたよ!」と楽しんでいました。

二つ目のゲームは、王様ジャンケン。前回やって大盛り上がりだったので、今回は景品のメダルを増やしました。これも子供たちのアイディアです。

最後はインタビュー。「王様ジャンケンで、みんながにこにこになれて、うれしかったです」など、学級目標を意識して集会を楽しむ姿がみられて、とても嬉しい時間になりました。

2年生 クリスマスデー(12月23日)

ちょっと早いのですが、2年生は今日クリスマス会をしました。黒板にクリスマスの絵を描いたり、思い思いのお面を頭にかぶったりしてお楽しみ会をしました。そのままお面をかぶって学習していると、算数の九九カードカルタも図工の版画作りも、お楽しみ会の続きのようでとても楽しそうでした。

今年の漢字 4年生バージョン

4年生が、自分の今年の漢字を決めてみんなに紹介しました。子供たちの選んだ漢字は、「楽」「仲」「協」…。明るく、前向きな漢字が多く、元気をもらうことができました。

 

 

 

 

6年 理科でプログラミング学習(12月21日)

6年生は、理科で「電気と私たちのくらし」の学習をしています。その学習のまとめとして、今年、市で整備したプログラミングの教材を使って電気がどのように使われているか学習しました。タブレットで「暗くなったら電気をつける」「明るくなったら電気を消す」「人が来たら電気をつける」「人がいなくなったら10秒後に電気を消す」などのプログラミングした指示をすることで、センサーが反応して実際に電気がついたり消えたりすることを確かめ、「トイレの電気が自動でついたり消えたりするのはこんな仕組みなんだ」と実感していました。その後、自分たちで工夫して、いろいろな条件で電気をつけたり消したり、モーターを回したりしました。子供たちにとって初めての経験でしたが、どんどん自分たちでプログラミングを工夫していく力にびっくりしました。

冬本番(12月15日)

いよいよ雪が降りました。朝登校すると、グラウンドは一面真っ白でした。たくさんの子供たちが休み時間にグラウンドに飛び出し、雪遊びに興じていました。けれども、降り始めの雪はまだべた雪で、思い切り楽しんだ子供たちは手袋も、靴の中もびしょびしょになって学校の中に帰ってきました。これから、雪の日が増えます。登下校や雪遊びのときに濡れないような長靴や防寒具、手袋や靴下の換え等、冬本番の準備をお願いします。

はじめての書初(1年生)

12月に入り、書初の練習を少しずつしています。

お手本をよく見て、濃く大きく書くことを意識しています。

 

 

 

 

 

友達の作品を見ながら、次はどんなことに気を付けて書こうか、目当てをもって取り組む1年生です。

和太鼓クラブ「太鼓完成」(12月14日)

今年できた和太鼓クラブでは、まず自分の太鼓を自分で作ることからはじめました。9月に作り始めた太鼓が、ついに完成しました。段ボールの胴の両側に段ボールの打面を紐で締めながら取り付けて完成です。これからこの立派な太鼓でどんな演奏が繰り広げられるか楽しみです。