就学時健康診断開催

20日、来年度入学予定の幼稚園や保育所の年長児たちを対象とした就学時健康診断が庄南小学校で行われました。年長児たちは、5年生の付き添いのお世話のもと、歯科や内科等の健康診断や集団面接を行いました。保護者の皆さんは、健康診断の間に家庭教育の重要性を理解してもらう機会となるよう、子育て・親育ち講座が開かれました。講師には、砺波市立砺波東部小学校前校長の大浦智子先生に「乗り越えて育つ」の演題でお話を伺いました。大浦先生は、豊富な経験を通して「簡単そうで難しい早寝・早起き・朝ご飯や明日の準備」の重要性、自尊感情が高くなるようにほめることや困ったときこそ親子で乗り越える大切さ等をお話しされました。さらに、乗り越える子供に育てる「親の5か条」もお話されましたので、紹介いたします。『親の5か条 ①したことの理由を尋ねる。言い分を聴く。 ②マイナスの感情を受け止める。「すごく、いやだったのね。」 ③自分で行動を振り返り、反省させる。「○○したことをどう思う?」 ④自己決定をさせる。「どうすればいい?」 ⑤ほめる。「勇気を出して、よくできたね。そんなA子好きだよ。」』一度にできなくてもできることから、取り組んでいきたいものですね!

〈講演会〉

img_1061

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

img_1062

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

〈年長児のみなさんと5、6年生児童〉

dscf4646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

dscf4650

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

dscf4654

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

dscf4662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

dscf4651

Comments are closed.

-->