戦国給食(9月22日)

今日の給食の献立は、「戦国給食」と銘打って戦国時代に食べられていた食材を取り入れた、「古代米入り黒豆ご飯」やズイキの入った「集め汁」、「鮭の塩焼き」、「くるみ和え」でした。そして、ランチルームにホラ貝を吹き鳴らしながら戦国の武者たちがやってきてくれました。9月24日に増山城跡で開かれる「増山戦国祭り」に合わせて、子供たちに砺波の歴史や増山城のことを知ってもらおうと、増山自治会、曲輪の会の方々、市埋蔵文化センターの学芸員の皆さんが来てくださったのです。給食委員会の代表3名も甲冑を着せていただき、甲冑姿のままで給食を食べました。最後にみんなで、「エイエイオー」と勝ちどきを上げて給食を終わりました。

Comments are closed.

-->