不審者対応避難訓練(2月13日)

学校に不審者が侵入したときの避難訓練を行いました。不審者に扮した職員に対し、それを呼び止め子供たちのいる場所に近付けないようにする者、不審者を刺激しないように全校に合図の放送をする者、その放送を聞いて刺股を持って駆けつける者、子供たちが安全に避難できるように教室で子供たちを並べて待機させる者等、教職員がそれぞれの役割を確認しながら行動しました。また、子供たちには、不審者侵入の合図の放送が聞こえたら、どのように行動すればよいかを指導し落ち着いて避難しやすいように並ぶ練習をしました。実際におきてほしくないことですが、いざというときに子供たちの安全を守るための訓練でした。

Comments are closed.

-->