なわ跳び大会(2月18日)

これまでの練習の成果を発揮しようと、なわ跳び大会を行いました。まず、低・中・高学年別に一人一人が短なわの得意技を1分間発表しましした。その後、色団対抗で8の字跳びの競技を行いました。1分間で8の字跳びを何回跳べるか、各学年2回ずつ挑戦し、それぞれの色団の1年から6年の合計で競います。白熱した試合で、最後までどの団が優勝するか分かりませんでした。寒い体育館の中での競技でしたが、たくさんの保護者の方の応援もあり、子供たちは熱く燃えました。

Comments are closed.

-->