1年生「いただきます」「ごちそうさま」(9月26日)

1年生の子供たちが、「いただきます」「ごちそうさま」をどうやってすればよいか学習しました。普段の給食の「いただきます」の様子をビデオで見たり、給食ができるまでにどんな物や仕事が必要か確かめたりする中で、給食にはたくさんの命が入っていること、たくさんの人のおかげでできていることが分かりました。そして、どんな「いただきます」「ごちそうさま」をすれば「ありがとう」の気持ちが伝わるか練習し、これからの目当てをカードに書きました。たくさんの命やたくさんの人の苦労や努力でできている食事。そのことに感謝し、食べ物を大切にできる子供になってほしいと願っています。

Comments are closed.

-->