1年「6歳きゅう歯を大切にしよう!」(11月8日)

1年生は、学級活動の時間に今ちょうど生えてきている6歳きゅう歯をむし歯にしないための学習をしました。保健室の先生から、6歳きゅう歯とはどんな歯なのか、どうしてむし歯になりやすいのかを教えてもらったあと、自分の6歳臼歯に汚れが残っていないかを汚れを赤く染めて鏡で見てみました。そして、一番奥の6歳きゅう歯を丁寧に磨く歯みがきの仕方を教えてもらって、実際に自分で歯を磨いてみました。きれいに磨いているつもりでも、汚れが残りやすい6歳きゅう歯。きれいに磨いて、むし歯にならないようにしていってほしいと思います。

Comments are closed.

-->