4年いじめについての学級活動(9月3日)

4年生は、学級目標「明るい笑顔でみんななかよし4年生」の達成に向けて、「自分のしていることはいじめか?それともじょうだんやふざけか?」を課題に、これまでの自分の行動を振り返り、2学期もっとみんなが仲よく、もっと笑顔の学級になるように学級活動をしました。「授業中間違えた答えを言った友達のことを笑う」「友達の水筒のお茶を相手の返事を待たずに飲む」「相手がやめてと言っていることを相手が笑っているから続ける」…普段の生活の中で、思わず自分もしてしまうかもしれない行動が、いじめなのか冗談やふざけなのかをみんなで考えた後、相手が嫌な思いをすれば全ていじめであり、ときには犯罪にもなるということを学習しました。最後に松井秀喜さん等のスポーツ選手たちからのいじめ防止のメッセージを伝える動画を見た後、一人一人振り返りを書きました。子供たちは「今までふざけてやっていたけど、これからは人のいやがることはしない」「困っている人を見たら声をかけて助ける」など1時間の授業を通して感じたことを考えたことを書いていました。

Comments are closed.

-->