3年生 ヒマワリとホウセンカの水やり

朝登校後、3年生は種から植えて育ち、花壇に植え替えたヒマワリと鉢に植え替えたホウセンカに各自が水やりをしていました。「校長先生どのくらい水をやったらいいの?」「花壇は、表面が乾いても中は湿っているのでそんなに多くやらなくても。鉢は、コンクリートの上ですぐ乾くからたっぷりやったら。根っこも息をしているから、乾く時間も必要ですよ。水のやり過ぎにも気を付けてね。」と朝から楽しい会話が弾みました。ヒマワリは、陽気に誘われるようひょろっと伸び、鉢植えのホウセンカの苗はどの子のも元気です。命の重みを植物の栽培から感じ取って欲しいです。

Comments are closed.

-->