挨拶と笑顔

9月2日(火) 8月末に行った職員会議で、「『いのち』『けんこう』『えがお』の3つを大切にして、2学期も子供たちのためにがんばっていきましょう」という話を教職員にしました。「いのち」や「けんこう」は、子供たちはもちろん、教職員や家族についても十分に気を配ってほしいということです。子供たちのために授業準備や学級経営等、様々な面に配慮して日々を過ごしている教職員ですが、適度な休養もとれないでいると、健康も笑顔も消えてしまいます。

写真は、4年生の子供たちが水泳学習を行っているところです。青空の下、気持ちいいだろうな、笑顔も見えるなと校長室付近から眺めています。眺めているだけで、笑顔になります。

今日の午前中に、4年生の飯田さんと太田さんの2人に中央階段で出会ったとき、太田さんは「おはようございます。」、飯田さんは「こんにちは。」と挨拶をしてくれました。昨日、ランチルームの様子を見に行ったときに、給食準備に来た5年生の大窪さんが「こんにちは。」と挨拶をしてくれました。1学期の終業式で「場に応じた挨拶を」という話をしました。まさに、いつ、どこでも、場に応じた挨拶ができているところが、3人の素晴らしいところです。

子供たちの挨拶で、自分の心に笑顔が広がるのを感じます。私も、子供たちの笑顔がさらに輝くように、できることをしていきたいと思います。

CIMG3222

 

Comments are closed.

-->