深い考えに感心

3月9日(月) 卒業を前にした6年生に、最初で最後の授業をさせてもらいました。課題は「二人の共通点を見付け、これからの自分を考えよう」です。幕末に明治時代にかけて活躍した坂本龍馬(1841~1867)と渋沢栄一(1840~1931)の二人を取り上げました。NHK教育番組を使って二人の功績や思いを捉え、共通点を考えました。

素晴らしい考えがたくさん出て感心させられました。「日本のために」「豊かな国をつくりたい」「日本を変えたい」「新しい日本をつくりたい」「新しい仕組みを考えた」「日本の未来を考えた」「日本に貢献した」等、次々と共通点に気付く6年生に正直驚きました。月曜日の5限という時間帯で10分番組を2本も視聴したので疲れたと思いますが、よく考えていました。

最後の今日の学びでは、「自分も努力したい」「貢献したい」などと前向きな考えを述べていました。大変嬉しく思いました。

IMG_3608 IMG_3609

Comments are closed.

-->