国語・算数の学習から

5月22日(木)、3年教室の国語と4年教室の算数の学習を少し参観しました。

3年生は説明文の学習でした。はじめに音読を取り入れ、家での練習の成果を聞き合っていました。担任が一人一人の音読を聞き、「合格」「もう少し大きな声で」「もう少し口を開けてはっきりと」と評価していました。このように具体的な評価を受けることは子供にとって励みになり、次への意欲につながります。実際、大きな声ではっきりと読めている子供たちが多くいました。その後、説明文の「はじめ」「なか」「おわり」の区切り方の理由等について考えていました。意見をつなぎ、積極的に発表している子供たちに感心しました。

CIMG0730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4年生は図形の学習でした。自分の考えを発表する際に、前に出て指示棒を使って友達に分かりやすく伝えようとしていました。このように教師に対してだけではなく、学級の友達に自分の考えを分かってもらおうと工夫して話すことは大切です。表現力や思考力が高まります。

CIMG0734

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どの学級も分かりやすい板書になっており、子供の思考を助けていると感じました。

Comments are closed.

-->