プール清掃(6月12日)

今日は、6月20日に予定されているプール開きに向けて、プールをきれいにするプール清掃を行いました。5・6年生の子供たちが、プールの中や周囲、更衣室等すみずみまできれいにしてくれました。一生懸命掃除をしてくれている5・6年生の姿がとてもすがすがしく感じられました。気持ちよくプールでの学習がはじめられます。ありがとう!

学校訪問研修会(6月11日)

今日は、西部教育事務所、砺波市教育委員会、砺波市教育センターの方々に学校の取組、全ての学級の授業を公開し研修する、学校訪問研修会を行いました。子供たちは、大きな声で発表したり、廊下で会った先生方に大きな声で挨拶したりと、いつもの元気で素直な庄南っ子の姿をたくさん見せてくれました。

伝統行事を受け継いで(6月9・10日)

今週末に、大門地区の「田祭り」、上中野地区の「つぼよみこし」が行われました。大門地区では、田楽あんどんを持った子供たちが地域の家を一軒一軒周り、家の前を周りながら、豊年満作を祈る夜高歌を歌っていました。上中野地区では「つぼよ(チガヤ)」をてっぺんに飾り付けた手作りの神輿「つぼよみこし」を子供たちが担いで2つの神社を周り、豊年満作を祈る4つの歌を歌いながら踊っていました。どちらも、子供たちが主役となり、昔ながらの歌をしっかりと歌い踊っていました。そこには、伝統行事をしっかりと子供たちに受け継がせていこうという地域の方々の思いを感じました。

6月の挨拶運動(6月4~8日)

今週は、6月の挨拶運動でした。子供たちの登校に合わせて集まっていただいた今月担当の4年生の保護者の方々や運営委員会の子供たちが一緒に挨拶する中、登校してきた通学班の子供たちが次々に挨拶リレーをしていきました。元気のいい、挨拶が学校に響きました。

1年はじめての絵の具(6月8日)

1年生は、図画工作科の時間に初めて絵の具を使う学習をしました。用具の準備から、絵の具の出し方、水の混ぜ方、筆の使い方や最後の片付けまで先生の指示を聞きながら練習していきました。今日は、まずは自分の好きな1色の絵の具だけを使って自由に絵を描きました。これから、絵の具を使ってどんな絵を描いていくのか楽しみです。

「ありがとう」作文(6月7日)

子供たちが書いた「ありがとう作文」が玄関前に掲示されています。毎週水曜日のスキルタイムは「書く力パワーアップタイム」として、子供たちの書く力を伸ばすために短作文を書いています。学年目標の文字数を目指し、各学年ごとに決められたテーマで書きます。5月の最後の書く力パワーアップタイムは、全校共通で「ありがとうの気持ちを伝えよう」がテーマでした。子供たちは、運動会でお世話になった6年生、おじいちゃんやお母さんなど「ありがとう」を伝えたい相手を決めて、作文を書きました。掲示された作文を読んでいる子供たちの顔が笑顔になる温かい作文がいっぱいです。

 

第1回質問教室(6月6日)

今日、今年度初めての質問教室を行いました。放課後、たくさんの1~3年生の希望者の子供たちがランチルームに残って学習をしました。家庭学習ノートや宿題、プリントなどをしていて、分からないときやできているか確認してほしいときには、自分で手を挙げてボランティア先生に教えてもらいます。質問教室を通して、下学年の子供たちにも、自分で学習をする力を身に付けてほしいと願っています。